<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ホテルビーナス

 草剪剛が主演の映画。借りてきて先ほど見たんだがいいね~これ。内容が暗い暗い暗い。光が当たらない人たちの物語だからか映画のほとんどすべてがモノクロだし。苦悩にさいなまれながらどん底から生きる希望を見だそうとするお話。重い内容で場面が分かり易く変わったりする映画じゃないから、じっくり見ないとおそらく退屈だと思う。真剣に見ることをお勧めします。
 どん底を生きている人を映し出しているにも関わらず、挿入曲がテンポのいい曲が多い。それが内容とギャップがあって逆によかった。全体的にテンポがいい映画だと思った。「SAYURI]のような感じ。どんなって言われてもうまく説明できんけど、曲が映画の脇役に回るんじゃなくて、曲が映画の主役になってるみたいな感じ。この音があって、この映画が成り立ってるみたいな感じ。とにかく、おススメな映画ですね。
 大河の一滴はそこそこだった。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-16 02:12 | どうでもいいがいや

300万円の借金。

 あと2年間でこれだけの借金をするつもりです。察しがついてると思うが奨学金と国民年金の金額。卒業する時には300万の借金を負担した状態で社会に出なければならないと思うとやりきれない。自分の場合、留学して1年長く大学に留まるとしたら奨学(借)金があと60万も増えることになる。国民保険料年間10万円としてプラス70万円。合計370万円の借金か。重いな。
 それでも、大学に行けるだけ恵まれてると思う。金銭的問題で大学行けない人はかなりの数に上ると思う。入学金で25万払えて年間50万の学費やろ。なかなかきついと思う。私立なら年間100万円を越える学費なんて当たり前。格差社会は広がる一方ですな。親の平均年収が1000万を超える東大の方がお金のない人たちが行く私立より学費が安いのはおかしいだろ。お金ある人からは安い学費しかとらなくて、お金ない人からは多く学費とるなんて。自由競争の結果で差が出来てるからしょうがないって言われるかもしれんけど、大学はいるまでに子どもの教育に投下できる金額に違いがあるだろ。金があれば有名私立の進学校だって塾にだって行かせることが出来るし・・・。奨学金制度があるじゃないか!って言われるかもしれんけど、もっとも大きい旧育英会の奨学金は必ず返還しなければならないもの。つまり、実質借金となんら変わらない。高校から奨学金貰おうとするともtっとかかることになる。高校、大学と年間5万もらうと、卒業する時には420万円の借金ができることになる。そこまで借金して大学に入らなくても・・・。って思う人もかなりいるはず。もっと、奨学金制度を拡充するなり、大学の学費を下げるなりして金銭的な縛りのない自由競争を目指すべきだろ。でも、いま社会はその間逆、奨学金の利子が必要になったり、独立法人かして学費が上がったりしてる。格差社会はすでに生まれつつあるのかも。



と、教育学部っぽいことを書こうと思ったが興味なさすぎて受け売りのことしか書けない。ってか、どうだっていいがいや格差社会なんて。ってなわけでこれから「大河の一滴」でも見て多少不可解な石川弁を聞くとします。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-14 20:43 | どうでもいいがいや

あ~いじっかしい。

 ”いじっかしい”って標準語じゃないらしいね。知らんかった。普通に標準語だと思ってた。富山に行けば”いじっかしい”は”いじくらしい”になるのは知ってたけど、"いじくらしい”が方言で、”いじっかしい”が標準語だと思ってたwダラだわ、自分。
 標準語だと思ってたのに実は方言だったって言葉がたまにある。自分は最初、ダラが方言だってのにも気付かなかった。だって、ダラだよ。超使用頻度高いし石川県人は万人が使うぜ?全然方言っぽさがなかった。
 石川弁は独特の言葉遣いはあるけど、石川弁の名詞や動詞の言葉が余り思いつかない。だから、ごく少数の石川弁語句を標準語だと思ってしまうふしがあるのかも知れない。方言ってホント地元におる時は全然気付かんくて(違和感なくて)違う地方行って初めて分かる。あ、俺ってなまってるんだ。って。
 札幌に来て気になる(というかムカつく)表現がいくつかある。北海道弁ではなくて、標準語で石川ではまず耳にすることがない言葉たち。たとえば・・

   「~じゃん?」
自分的には”じゃん”はない。すげぇ言葉が都会のいい子ぶった感じがぷんぷんする。マジで気持ち悪い。 石川でこんな言葉使ったらいじめられますね。きっと。

   「一緒に~しないかい?」 
むっちゃよそよそしい。相手と自分とに一線を引かれてる感じがする。石川県人からしたら親しみ感が言葉から感じられない。「一緒に~しんけ?」の方がすごい相手との距離がないように感じられる。

    「~してる」{~いる」
 たとえば「英語勉強してる」や「そこにいる」って言葉。石川なら「英語勉強しとる」だし、「そこにおる」が普通。最初のころはすごい鼻にかかる言葉だなって思ってたけど、今はもうだいぶ慣れた。むしろ自分のたまに「~してる」って使ってしまう。
 東京人の人は怒るかもしれんけど、全体的に標準語は他人行儀の感じがする。もっと言うなら無機質、事務的。共通語としての役割fが大きいのは理解できるけど、だからって使う気にはなれない。少しでも気の置けない人とならそんな他人行儀になりたくはない。
 話は若干変わるけど、バイト先とかで先輩に使う言葉は日がたつにつれてある程度まで上下間のないレベルにまで落ちで行く。ここでは方言を使う程度にまでレベルは下がらないけど、ですます使うぐらいの敬意レベルにまで下がる。それは別に相手を軽視してるからじゃなくて、相手に親しみを持ってきてるから変化するのだと思う。
 ですます調を使わなくてもいい友達同士の場合はもっと。親しみを込めた言葉遣いをしてもいい。ですます調より敬意のない表現は普通の標準語だろう。でも、それよりも方言のほうが格段に相手との距離を感じさせない(少なくとも自分はそう思う)だから、少しでも気の置けない人との会話は自然と方言になってしまうってわけ。分かったかい?


今回も語尾の調子がそろってないし、言葉足らずだし・・・。以後気をつけます。ちなみに”いじっかしい”の意味は説明するのがいじっかしいので勝手に調べてください。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-13 23:43 | どうでもいいがいや

noboribetu!!

のぼりべつ!と言えば熊牧場!最近、手狭な飼育場所に多くの熊を飼いすぎていると日本動物園水族館協会から指摘を受けたあののぼりべつ熊牧場。自分は以前に行ったことがあるんだけれども、ぶっちゃけここ最悪。まづ、入場料高すぎ。大人2520円。ロープウェー使っていかなければならないから多少高くなるのは仕方ないとしても高すぎ。施設も古いし、見るものは基本的に熊しかない。狭いところに飼われてる大量の熊を傍観したり、下手な熊の芸見たりするしかないのにこの値段はありえない。台湾から来たという旅行客もかなり不満そうに見えた。団体旅行のパックって来たらしく、一般入場料の金額に超驚いてた。自分が行った時がそうだったのかもしれないけど、来てる人の半分以上は外国からの観光客っぽくて日本人はそんなに多くなかった。もう日本では面白くない場所として知れ渡っているのだろうか・・・。
 熊牧場の中にはなぜか昔のアイヌの家を再現したチセ(アイヌ語で家の意)がいくつか建っていてそこがちょっとしたアイヌ資料館みたいになっている。ひまだったから中にいたアイヌの子孫っていうお婆さんにコーヒー貰いながらしゃべってたんだが、そのお婆さんも入場料は高すぎって嘆いてた。しかも、最近はアイヌになんかまったく興味のない中華系の外国人が多くて嫌だって言ってた。そりゃそうだよな。このお婆さん曰くアイヌのこことを知りたければ二風谷(にぶたに)に行くといいとしきりに言っていた。その時はそれがどこか全然わからんかったけど、家に帰ってきてから調べてようやく分かった。沙流郡平取町二風谷。ここはかなりいまでも多くのアイヌの子孫が住んでいる場所で町内には2つもアイヌの資料館があるとのこと。いつか行ってみたい。
 
 この前どうやら大学のクラスで登別温泉に旅行に行ったらいしので、今回は登別(の熊牧場について)について書いてみた。ってか、最近クラスの友達のコメントがない!たまにはだれか書いてね☆

     <クリックすると画像が大きくなります> 
登別の地獄谷。感じは立山の地獄谷と一緒。登別の温泉は硫黄を含んでいるから入ると体が臭くなるw
 
 問題の熊牧場。餌を投げようとすると立ち上がる熊や寝転がる熊、お座りする熊などがいて痛々しい。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-12 15:39 | どうでもいいがいや

死ねばいい。

 いつものことだが、バイトしながらまたまたいらないことを考えていた。今回は今までにないぐらいかなりヘビーな内容になってしまった。

今日も意味も結論もない話。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-12 02:37 | 脳内宇宙遊泳

今日は(も)

平々凡々な日でした。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-10 22:44 | どうでもいいがいや

心から笑ってない。

 バイトは接客業だからお客さんの前では笑顔で接しなければならない。最初は緊張してたしうまく笑顔が作れなかった。けれども今ではどんなけ凹んでても笑顔で入れる自信がる。顔の筋肉で、どうすれば笑顔になるのかが分かってきた。こうすれば、気持ちとは裏腹に笑顔に見えるなってのを体得した。だから、バイト中はいつもその笑顔。本当の笑顔ではない偽の笑顔を作ってる。以前は本当に笑っている顔と、偽の笑顔は違うってのが完全に違うってのが意識できた。実際、どこがどう違うって聞かれると困る。自分の笑顔を確認したわけじゃなっけどおそらく、本当の笑顔の方が笑ってなくて偽の笑顔は過剰な笑顔だと思う。わざと笑顔にしてるってのが分かる笑顔。
 すごい分かりづらい区別だけど、間違いなくこの区別はあった。でも、いつ頃からだろうか、本当の笑顔が偽の笑顔に淘汰されてきている。心の底から笑っているつもりなのに、顔は偽の笑顔になってしまっている。よく笑おうってのを意識してしまうからなのかもしれない。気付いたら営業スマイルになっている。気持ち悪いよな。仲間内の話で営業スマイルされたら。こうゆうエセ笑顔していると「そんな無理に笑わなくても」とか「また、営業スマイルして~」って言われる。指摘する人がおるってことは、やっぱり本当に笑ってないように見えるのだろう。でも、最近、本当の笑顔が作れない。どうゆうふうに笑っていたのかが分からない。どうやって普通に笑ってたっけ。
 職業病みたいなものって言われればそうなのかもしれない。でも本当に笑っているのにニセ笑顔されると相手に不快な感じを与えるだけじゃなくて、自分でも、「本当に俺は今、真に笑っているのか」って自問してしまう。変な話だ。笑っている自分に本当に笑ってるのかって考えてしまうなんて・・・・。
 これからはどうにかして本当に笑える顔を取り戻したいと思う。

 昨日に引き続き、また自分の脳内でグルグルと宇宙遊泳してる話を書いてしまった。最近は画像アップすることも少なくなってきたし、面白い話もないし。なんかないかな~非日常的で面白いこと。
 
[PR]
by iigaiya | 2006-03-10 00:04 | 脳内宇宙遊泳

道産子が北海道から出たくなくなる理由。

 何でだろう。道産子は道外に出たがらない。就活どうする?って聞いても、とりあえず北海道からでたくないから道内の企業に勤めたい。って答える人が多い。北海道への愛着は強くて、他へ行こうとする行動力がない。北海道が無難だからそれより悪いところに行きたくないってのかもしれない。
 道外から来た人間にとってはすごい変なことのように思える。自分だったら北海道なんて冬寒いから住みたくないと思うし、東京や大阪のように物質的豊かさのある都市のほうが魅力があると思う。でも、道産子にはそこのあたりの感じ方が違うらしい。「寒いの嫌じゃない?」って道産子に聞くと「毎年のことだから苦じゃない」って答えが返ってくるし、札幌にいれば何でもそろうから別に東京じゃなくてもいいと言われたこともある。まあ、そう言われればそうなのかもしれないけど、やはり釈然としない。道産子を北海道に留めようとする意識はどこからくるんだろうか・・・。
 「北海道は海外だから」と自分は冗談交じりに言うことがある。本州から海を渡ったところにあるから”海外”って行ってるんだけど、案外、道産子は北海道が1つの国っぽい意識があるように思える。本州の人からとってみれば違う都府県に行くことはそう困難じゃないし、東京や大阪は実質的距離からいってもそう遠くはない。でも、北海道の場合、違う都府県に行くことはすごく大変。だから、日本に住んでいるっていうか北海道に住んでいるって意識があるんじゃないかな。
 海外に住むって考えたら、誰でも少しは嫌な感じがあると思う。言葉は通じないし、文化や風習も違うし。これまでの自分を変えなければならないってのは辛い。もし、北海道を違う国として考えて、”日本”という違う国へ行くと考えるなら。言葉は通じても、文化や風習が違うからってことで嫌気がさすってこともあるんじゃないかな。沖縄行って感じたことやけど、北海道は日本っぽくない。本州にあるような伝統みたいなものを意識することが少ないように思うし、伝統に縛られず、自由な風土がある(北海道には開拓精神が根ずいていると大学では学んだ。)喫煙率は他の都府県よりはるかに高い。特に女性の喫煙率が高い。最初来た時はびっくりした。女性でタバコ吸う人が多くて。親は言わんのかな。吸うなって。そう考えると”女性はタバコ吸うもんじゃない”って意識(ある種の慣習)がないんだろうかって思う。札幌の高校にも本州(少なくとも石川)にはない自由がある。たとえば、札幌で一番頭のいい札幌南高校では制服がない。髪も染めても校則違反じゃない。石川では全く考えれん。高校に制服なくて茶髪OKなんて・・・。
 他にも嵐が指摘してたみたいに未成年の飲酒については黙認しているような感じを受けるし、ジンギスカンなんて普通食べないし・・・。
 つまり、言いたいことは、道産子は北海道からでることを”海外”へ出るのとにたような意識があるんじゃないかなってこと。まあ、真意は全く分からんけどさ。今日、こうゆう事をバイトしながら考えてたわけよ。実ははもう一つ道産子が北海道から出たくない理由を考えていたんだか、文字数がハンパなくなってきたので今日はもう辞めます。また、ネタがない時それは書きます。
 
ってか、こんな駄文をまじめに読む人いるのかな。俺だったら飛ばし読みだな確実にw
 
[PR]
by iigaiya | 2006-03-08 19:25 | 脳内宇宙遊泳

飲み会ではすごい武勇伝を聞かせていただきました。

 昨日の夜はバイトを辞める人の送別会していた。自分より後に入った人なんだけど、自分より早く辞めた。1年半しか働いてないけど、自分より遅く入った人でもかなり辞めてった人がいる。バイト先が変なのかもしれないけど、入ってすぐ辞める人も多い。2、3回しか顔見てないのに辞めたりする人も多々見てきた。確かに職場には独特の雰囲気があるから馴染むまでは大変なのかも。自分も最初のころはバイトに行くのが嫌で嫌でしょうがなかった。特に恐い上司がいたころはすぐにでも辞めたかった。今は恐い上司は転勤してしまって平和な職場。それでもやっぱり覚えること多くて忙しいし、キツイ人もいるから慣れるまで大変だと思う。
 自分は今のバイトの他にはバイトしたことがないからなんともいえないけど、周りの人の話を聞くところによると、どこも最初は大変らしい。当たり前だよな。いままで、ただ机に座って勉強しかしてなかった自分にとってはバイトはマジでいい経験になる。たとえば敬語なんてバイトするまで全然気にしたことなかった。「これでよろしかったでしょうか?」や「~になります。」って言葉に何も違和感を持っていなかった。接客業だとおのずから、習うより慣れろって感じで敬語は身についた。とか言いつつ、今でもうまく口が回らないことはよくあるけどw
 送別会のあとはまた、朝までカラオケ。いつも飲み会のあとのカラオケが憂鬱。なぜなら歌が下手だから。超恥ずかしい。歌も古い歌は全然分からないし。小学校、中学と自分はサッカー少年で、サッカーのほかには何もしてなかったしその頃の曲は全然分からん。だいたい、カラオケ自体行ったことが大学入るまであまりなかった。初めて行ったのも高3だったし。俺の回りでカラオケ行こうぜ!ってノリのヤツはいなかった。いままででカラオケ行ったの10回前後だと思う。自分は遊びってものを全然しらん。カラオケも嫌いやいし、ボーリングもキライ。じゃあ、みんなで集まって何するん?言われるかもしかも知れないけど、まず、数人で集まって何かするって事を余りしたことがなかった。
 でも、これからの時代(?)カラオケぐらいできんとだめやよね。社交辞令っていうか。会社に入っても絶対カラオケ行かなければならないこともあるやろうし。少しは練習しようかな・・・。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-08 00:29 | どうでもいいがいや

我自己介绍一下。

・石川県松任市(現、白山市)に生まれる。
・3人兄弟の次男。兄と妹がいる。
・小学校のころはケシゴム集めにはまる。特に、50円の野菜ケシゴムの鬼になる。200個以上のケシゴムを集める。
・普通に地元の高校を卒業し普通に浪人。京都の予備校で1年を過ごす。
・不勉強のせいで北海道へと島流しの刑に遭う。なぜか教育学部。先生にはなりません。ってか、なれません。
・通常、ハンドルネームは「空き家」を使用。ブログでは「いいがいや」。学部の公式じゃない掲示板には「オサーソ」として登場。自分的には「いいがいや」が一番気に入ってる。
・嫌いな食べ物は基本的になし。唯一あるのは「干し柿」。幼稚園で渋柿から干し柿を作ったことがあり、明らかに青っぽいものが生えている干し柿を食べさせられ、それを戻してしまってからキライになった。でも、食べろといわれれば今では食べられる。ただ、“おいしく”は食べられない。
・好きな食べ物はたくさんある。1番好きな食べ物はトマト。2番は梨、3番はキャベツ。あとは、きゅうり、レタス、春菊、パセリetc…。基本的に葉物の野菜が大好き。お茶も大好き。今はジャスミン茶にはまってる。
・テレビは余り見ない。
・好きな作家は椎名誠。「哀愁の町に霧が降るのだ」は名作。
・好きな場所は自宅、京都駅、温泉。
・好きな言葉は「いいがいや」
・某衣料量販店でバイトしている。時給800円。安い。
・札駅周辺によく出没。特に紀伊国屋書店、旭屋書店にてエンカウンターする率高し。ロフトにもよく出没。
・バイトがある日が平日で、ない日が休日。たとえ大学の講義があってもバイトがなければその日は休日。
・休日は基本的に家でごろごろ。
・でも、月に1回は遠出することにしている。
・一人旅が好き。
・北海道はきらいじゃない。石川も別にきらいじゃない。京都好き。沖縄最高。
・好きなこと意外はやりたくない。
・できることなら楽をしたい。
・将来のことより今を楽しく生きたい。
・年金は学生特例で未だ払わず。
・車普通免許すら持ってない。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-06 14:20 | 自己紹介