2006年 04月 13日 ( 1 )

マジでヤバイ!

 今日も2コマ中国語の講義があった。1つは教養で1つは法学部の講義。最初の教養の講義は以前受けたことのある先生の講義だったからすんなりと入れることができた。内容もそんなに難しくないし。ただ、教養の講義なのにも関わらず、受講者はたった3人。むしろ、1人遅刻してきてそれまでは2人での授業だった。先生とTAと生徒2人。ほぼサシでの講義やし。一般教育演習(教養で行われる少人数での講義)よりも全然少人数。やりがいがありますよ。これはまだサシじゃないけど、火曜の講義はサシでの講義になりそう。火曜の講義もこれと同じ先生なんだけど、前回は出席者は0だったから帰ったそう(自分は遅刻していって、その時にはもう先生は帰っていた)でも、来週からは出ると伝えといた。前回出席者0で、自分だけ出席するってことはやっぱりサシでの授業!?頑張ります。
 それはとりあえず、大丈夫なんだけど、鬱なのがこの次にあった法学部の「専門外国語」って言う講義。これは受講者4人。しかも、そのうち2人は中国と台湾からの留学生。中国語の購読の講義なんだけど、“購読を通じて日本語に訳する練習”をするために受講しているらしい。若干講義の趣旨と本末転倒しれるような・・・。前回、自分はこの講義に出席しなかった。今回初めて出席して、一通り自己紹介し終えると「ふ~ん、留学するんだ。じゃあ、これ読んでみて」って言われて、人民日報の記事渡された。こんなん読めるはずないだろ!って心で叫びながら頑張って読んだ。分からない単語ありすぎ、発音できない漢字ありすぎ。終いには四声まで注意されてしまった(先生にじゃなくて留学生に)。自分で言うのもなんだけど、発音はそれなりに自身があって、いままでも注意されたことなんて数えるほどしかなかったんに。かなり凹みましたよ。
これはかなり辛い講義になりそうな予感がする・・・。

 最近、初級から中級への壁を感じる。今まではかなり順調だったのに、今はできないことだらけ、わからない事だらけ。間違えることはかなり恥ずかしいのに最近は間違えだらけ、注意されまくり。即答が求めれるとどうしても間違えてしまうし、うまく出来ない。正直、最近中国語が重い。辛いし嫌だ。なんでこんな辛い思いしんないけんげん!ってマジに思う。でも、まあ、自分が選んだ道だから辞める気は毛頭ないし、100%続けるけど。

 よく言うっしょ。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」って。将来、この辛さが生きることを願って今日も中国語を勉強しますよ。でも実は今からバイトの飲み会orz
[PR]
by iigaiya | 2006-04-13 20:56 | 中国語を勉強しとるげん