2006年 03月 16日 ( 1 )

ホテルビーナス

 草剪剛が主演の映画。借りてきて先ほど見たんだがいいね~これ。内容が暗い暗い暗い。光が当たらない人たちの物語だからか映画のほとんどすべてがモノクロだし。苦悩にさいなまれながらどん底から生きる希望を見だそうとするお話。重い内容で場面が分かり易く変わったりする映画じゃないから、じっくり見ないとおそらく退屈だと思う。真剣に見ることをお勧めします。
 どん底を生きている人を映し出しているにも関わらず、挿入曲がテンポのいい曲が多い。それが内容とギャップがあって逆によかった。全体的にテンポがいい映画だと思った。「SAYURI]のような感じ。どんなって言われてもうまく説明できんけど、曲が映画の脇役に回るんじゃなくて、曲が映画の主役になってるみたいな感じ。この音があって、この映画が成り立ってるみたいな感じ。とにかく、おススメな映画ですね。
 大河の一滴はそこそこだった。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-16 02:12 | どうでもいいがいや