2006年 02月 05日 ( 1 )

「自分何歳ぐらいにみえる?」  「え~24歳ぐらいですか?」

 ちげ~よ。コノヤロウ!まだ21だ。悪かったな老けてて。
 
 自分も明日テストなのに全然やる気が出ない。まあ、俗に言うパンキョーの講義のテストだからそんなに勉強しなくってもいいってのもあるからなんだけど。
 いまさらながら中国へ留学する大義を探している今日この頃。留学はかなり昔から、それこそ高校生の頃からしたいと思っていた(もちろんこの頃は英語圏に)。留学に憧れのようなものを抱いていたし、その方が自分のためになると思っていた。でも、実際ホントに行くとなると貴重な時間を1年も費すだけの価値があるのか疑問に思えてくる。中国語を勉強するぐらいなら日本にいても全然できる。わざわざ現地に行く必要性がない。しかも、行くとなると金銭的に親に少なからず頼ることになるだろうし、卒業するのも遅くなる。人よりも2年も卒業が遅くなるデメリットも考えるとますます心が不安でいっぱいになってくる。留学する!!という意識だけが先行しすぎて中身のない目標だったような気がしてならない。じっくり考えずに行動してしまっている。完全な見切り発車。
 ただ、見切り発車は自分にとってよくあること。むしろ想定の範囲内。よく考えずにこの大学を選び、よく考えずこの学部に入っている。中国に行きたいっと思えば宿も取らずに行くような人間。今になってから「なんでそうしたの?」って聞かれたって「分からない」と答えるしかない。見切り発車で行動したんだから。
 いつも行動してからその理由を考えている。「なんで、この大学のこの学部にいるんだろ?」「なんで、焼尻島にいるんだろ?」って。行動に移す前に考えるべきことをこの段階で考えている。つくづく自分は変な人間だと思う。
 事後(もしくは行動の最中)にいろいろ考えて最善の答えはたいてい見つからない。でも明確な答えは見つからずとも、いつも行動したことは結果的にはプラスだっただろうって所に行き着く。最初は北海道になんて全然行きたいとも思わなかった。でも、来たおかげで知れたことは数知れず。札幌の風土や人柄、食べ物。アイヌなんて北海道に来るまでもういなくなったものだと思っていた。本州にいたら絶対わかりっこないことをいっぱい知れたし、これからも知れるだろう。見切り発車でここに来てしまったけど、結果的には「そんなに悪くないっしょ。」って所に行き着いてる。案外自分は楽天家なのかもしれない。
 話を戻して、留学の件。北大生で留学した人の留学体験談をまとめた小冊子「TRANS JAPAN」ってものがある。これを読むと、留学する!ってのが先走りしてその目的がなく留学した人も少なくない。自分みたいに留学が決まった後に大義を見出そうとしている人さえいる。読み進めるとみんな自分と一緒なこと考えていたんだってことがよく分かる。特に英語圏以外に留学する人のを読むとw行くことに目的を見出せない人の体験記でもその内容は濃く、波乱万丈であったろう留学中の体験が文面から容易に読み取れる。読んでいると悪くないがいや。目的なくても。って思えてきてしまう。 
 で結局、

目的がないからなんだ!行くことが目的だ! 
 
と、チャランポランな大義を作りだしたりした今日この頃です。
 これだけ書くのに約1時間強・・・。勉強するべきですね。
[PR]
by iigaiya | 2006-02-05 22:22 | 中国語を勉強しとるげん