昨日はなまらしばれたべや(使い方あってる?)

 さすがに朝から晩までのバイトはつらい。本当は昨日の夜にブログ更新しようと思っとったんやけど、余りにも疲れてて家帰ってきてすぐに寝てしまった。そして今日起きたら左のお尻と右腕が筋肉痛になってた。なんで、こんなところが筋肉痛になるのか全然分からん。でも、お尻はたまに筋肉痛になるw
 昨日レジしてたら、台湾人っっぽい人が来た。すごく無愛想で何か怒っている感じ。商品を渡すと奪うように取り帰って行った。レジするほうとしてもすごい不快なお客さんだった。 
 レジしてて分かったんだが外国人のお客さんには大きく分けて2種類の人がいる。その区別は台湾や香港などの中華系に限ったことではなくて黒人や白人もインドっぽい人も一緒。その区別の1種類目はは上に挙げたような無愛想な人。自分が無理に笑顔で接客してるのに常に冷めたような感じでこっちを見てくるし何も言わない。終始無言。こっちの印象もかなり悪い。この人たちは日本が嫌いなんじゃないかってすら思えてくる。
 2種類目はフレンドリーな人。こっちが笑顔で接客すると笑顔を返してくれて「Thank You」やら片言の日本語で「ありがとう」って言ってくれる。こうゆうお客さんは相手してて気持ちいいし、なんだかうれしい。笑顔は共通言語だなって感じる。
 外国のお客さん全体的に言えることだけど、「ここは消費税は戻ってきますか?」やら「もっと大きい袋にいてれもらえませんか?」と片言の英語とジェスチャーで遠慮なく聞いてくる。日本人とは気質が違うって言えばそれまでかもしれんけど、言葉の通じない国でこれだけ(っていっても瑣末なことだけど)自己主張できるのはすごいなって思う。自分だったら絶対外国でそんな注文つけれないって思う。
 そう、ここで問題にしたいのは外国人客の良し悪しじゃなくて自分のこと。自分が海外(自分の場合中国だけど)に行った時、どんな態度とってたかなって思って。1種類目みたいな人の態度をとっていたような気がする。なんせ、気苦労が多くて。笑顔で「Thank You」って言えるだけの余裕がない。基本無言だったし。おそらく自分の態度は相手に不快な思いをさせていただろう。これじゃやっぱダメやよね。ダメな日本人だしダメな国際人だわ。これから海外に行った時ははもう少し心に余裕を持って笑顔で人に接することのできるぐらいの人間になりたい。小さなことだけど大切だと思う。未知な外国人との何気ないやり取りはその人の人格だけではなく、その人の国全体のイメージをも決定しかねないのだから。
 
[PR]
by iigaiya | 2006-02-18 11:43 | どうでもいいがいや


<< 今日はお金を1円も使わなかった。 飲み代は食費じゃなくて交際費だろ。 >>