TOEFLーITP

英語の講義の一環として絶対うけさせられるんだが、今日その結果が返ってきた。490点。大学入ってからまじめに英語勉強してない割りに取れたと思う。っても、限りなく恥ずかしい点数。一般的にどんなしょぼい北米の大学に留学しようとしても最低で500点は必要とされる。これでいいのか大学生!!!とりあえず今度中国語検定受けようと思います。
 そうゆうことはさておき今回もまた中国ネタです。
 一昨年の夏、南京に居た時、国民党が執政を行っていた場所を見学した。そして去年の夏には上海で第一回中国共産党大会の行われた場所を見てきた。
 最近になるまで全然当時の歴史を知らなかったから全くそれらを見る意味を分かってなかった。見ても特になにも感じなかったし、特に面白いとも思わなかった。でも、今になってようやくそれらの場所がもつ歴史的意味が分かってきた。行く前から当時の歴史を知っていればもっと楽しめて、行く意味もあったのに。
 知っているのと知らないのではモノの価値が違ってくる。そうゆうことは前々から当然知っていたが、これほどまでに実感したことはなかった。昔の自分にとっては中国の風光明媚な場所以外に行くのはブタに真珠にだった気がする。これからはそんなことのないよう、よく勉強しなければ。
 最近、中国共産党のことを賞賛して自分が書いてるように思えるかもしれないが、自分自身は全然、左翼的な考えを持ってないのであしからず。中国を理解するうえで避けては通れないことなので勉強してるだけです。自分ははっきりいって社会主義はだめ(というより無理)だと考えています。
[PR]
by iigaiya | 2006-01-10 22:02 | 中国語を勉強しとるげん


<< マイピクチャ ワンピース >>