新たしき年の始めの初春の今日降る雪のいや重げ吉事(よごと)   大伴家持

 今日は久々の休みで午前中に髪切ってきてそのあと時間があったから大通まで散歩に出かけた。さすがに1月にもなると根雪が多くなってきて、住宅街の路地には自分の背よりも高く積まれた雪が道路わきの至るところにある。その割りに、歩道はそれほど積もってない。除雪が行き届いてることもあるし、ロードヒーティングもあるから。今日の天候は快晴。家から出た瞬間、新しく積もった雪が白色を超えて青見えた。ほんのり薄い青色に。石川ではそんな風に感じたことはなかったのに。雪の結晶の違いなのか。生きていたら中谷宇吉郎先生にで聞いてみたいぐらいだった。快晴のせいで放射冷却が激しく、午後3時ぐらいで札幌駅の温度計は-3℃を指していた。寒い。超寒い。なまらしばれる。そのなかをテクテク歩いてた。
 歩いて30分後、旧北海道庁に到着。
f0028773_2274580.jpg
あの、どっしりとし佇まいを見ると、北海道って感じがする。しばし、中で休憩。なんせ、コートを着てても寒くて。
 旧北海道庁を後にして、更に南下。大通り公園を越え、路面電車の走っている通りまで出てきた。札幌市電の路面電車。慢性的な赤字体質で昨年度は約2億程度の赤字だったらしい。しかし、市は存続を決定し今では札幌駅まで延長する計画まで出てる。赤字体質を改善するには札幌駅まで延長し新たな乗客層の発掘が不可欠と考えたらしい。確かに、路面電車は風情があるし、いいんだが・・・。いかんせん、運営するのはかなり大変だと思われる。乗れる乗客数はバスよりも少ないし、車が通れる車線が減って渋滞にもなりやすいし。車社会の現代にとって路面電車は淘汰されやすいのが現状だろう。海外では路面電車が復権していているって言う話も聞くが、日本ではなかなか難しいだろう。
f0028773_22195825.jpg
昔は金沢にも路面電車がはしってたんやぜ~。
[PR]
by iigaiya | 2006-01-05 21:35 | きまっし北海道


<< 今日は燃えないゴミの日 残り物には福が・・・ >>