北海道、梅雨やん!

 昨日(今日)のブラジル戦は大学のクラスの人と家で観戦会を開いていた。午前4時からのキックオフで若干(いや、大幅に)眠かったけど、そこは試合が始まれば覚醒。しっかり日本を応援しといた。
 前半で玉田が先制ゴールを決めた時は一瞬決勝トーナメント行けるかもって思ったけど、全然甘かった。前半終了間際のロナウドのゴールに始まり、後半の立て続けの3点。もう、日本の完敗だった。終わってみれば1-4。これが日本とブラジルの力の差なのだろう。でも、1点取れただけでも凄いと思う。得点力不足とずっと言われ続けたチームが王者ブラジルから1点を取ったのだから。
 昨日の試合の川口は神がかっていた。スーパープレーの連続。もしキーパーが川口でなければ何点入れられていたか分からない・・・。だれもがそう思うぐらい凄かった。4年前、試合感覚が無いって事で正ゴールキーパーの座を楢崎に譲ってからの8年ぶりの返り咲き。その時の悔しさがあのスーパーセーブを連発するぐらいに川口を成長させたのだろう。川口のためにも日本は1勝して欲しかった。
 今から思えば、オーストラリアとクロアチアの試合内容が悪すぎた。オーストラリア戦では後半8分で3点も取られてしまった。3点も取られてしまったせいで、最終戦のブラジルで2点差以上で勝たなければならないという高いハードルを作ってしまった。クロアチアの試合では柳沢の決定的な場面でのシュートミス。あれが入っていたなら・・・。
 スポーツで「たら、れば」言っていたらキリがない。でも、そう思わせるぐらい悔いの残る試合が多かった。いや、でも考えようにはこれぐらいが日本の真の実力だったのかもしれない。

 日本代表の監督はトルシエ、ジーコと来て次は誰が来るのだろうか。昨日の仲間内では“ヒディング”ってのが出てたけど・・・。彼が率いるチームは必ず予選リーグを突破する名将ヒディング。案外、いいかもしれない。
[PR]
by iigaiya | 2006-06-23 15:46 | どうでもいいがいや


<< いや、明日ママチャリレースなん... あ、 >>