たまには長文。

 今日は早起きだった。バイトも学校もなくて、どこかに行こうと前日から決めてたから。前の日の寝る前には平取に行こうと思っていた。平取はアイヌが北海道でもっとも多く住んでいた地域で、今は町内に2つもアイヌ資料館がある。で、そのあと白老のアイヌ資料館行くみたいな、アイヌな日にする予定だった。   
平取や白老に行くにはJRで行かなければならない。JR北海道から「一日散歩切符」ってのが出ていてそれは2500円ぐらいで1日道央の鈍行乗り放題できるかから、それを利用して行こうと思っていた。
 が、しかし、朝起きて確認までにJR北海道のHP見て重大なことに気付いてしまった。この、一日散歩切符、土日しか販売されてない!!つまり、普通料金を払っていかなければならない。その値段を調べてみると、往復で4200円。その差、1700円・・・・。さすがにこれだけ違うと行く気が失せた。アイヌは他の日に回すことに。
 JRが使えない。つまり、チャリで行動できる範囲で行くところを朝考えた。大倉山、羊が丘、真駒内・・・。いづれも行きたいけど、なんか、パッとしない。人工的なものよりも、春が分かるような自然を感じられるところに行きたかった。思いあぐねた挙句、以前新聞で見た滝のことを思い出した。家からチャリで1時間30分ぐらいの星置って所にある“星置の滝”。住宅地の近くにあり、行きやすいってみたいなことが書いてあったような気がした。早速、ググってみる。案の定、星置駅からそれほど遠くないところにあるみたい。しかも、自転車で行けそう。
 納豆とジャガイモの味噌汁、白い御飯を食べ、9時30分ぐらいに家をでた。天気予報だと一日曇りで一時的に雨が降るみたいなことが書いてあったけど、外は空気は冷たいけど快晴。チャリ日和だった。家をでて30分ぐらいして、順調に事前で確認していたルートを辿っている途中、小さな川があってその河川敷きに歩道がついているところがあった。
自分は河川敷きの道を見るとどうしても通りたくなる。豊平川の河川敷きは緑が多くてすがすがしいし、京都の鴨川の河川敷きは川床がせり出ているのが見えてとても風情がある。今の河川敷きは特に大きいものではない。でも、その雰囲気がどうも母方の鳥取にある実家に行く時に通る川土手の道にとても似ていた。
 本来行くべき道を離れ河川敷きを通る。両脇に草が生い茂っていて、その土手下には住宅地が広がっている。どこにでもある風景が妙にすがすがしかった。
その道は大きな道と交差するところでなくなっていた。自分は、向うべき方向の道へとチャリを進めていった・・・・。っと、途中までは思っていた。しかし、出てくる看板を見てくるとどうも様子がおかしい。札幌駅から離れて行っているはずが、看板には進んでいるは札幌駅方面となっていた。おかしい・・・・。いや・・・・。ってか・・・・。普通に反対方向に行ってるし!!!!頭の中で地図が書けない男でした。
 そのまま来た道を引き返し、今度は間違わないように線路沿いに進むことに。今まで天気は良かったのに、山に近づいてきたせいもあってかだんだん曇りがちになっていった。山には低い雲がかかり、山頂は見えなくなっている。風も強くなってきてしかも向かい風だった。しかし、そこはガッツで“青春アミーゴ”をエンドレスリピートで繰り返しながら前に進んで行った。
途中で電池が無くなり、青春が終わり、10分ぐらいして、目的地に到着。道路わきには新設にも看板があったから、迷わなかった。 
 ここからは自転車を降りて、徒歩で向うことに。
降りていくと、そこがあまりにも本格的な山な雰囲気を出していて驚いた。木々の茂り具合、山の匂い、深く沈む腐葉土。横を流れる川の水もとてもきれい。あたかも登山してきたかのような錯覚に陥る。でも、実際は住宅地街にある道路から少し斜面のある坂を降りただけ。札幌からそんなにも離れてないところにこんなところがあるなんて。滝を見る前から圧倒されてしまった。
 
 滝は歩いて5分ぐらいのところにあった。2段の滝で落差は12m程度。大量の水を湛えて、近づくと轟音を響かせていた。滝なんていつぐらいぶりに見ただろうか。高校2年の時、父親と一緒に行った、立山の称名の滝以来だろうか。 
 
 しばらく眺めていた。自分のほかには誰もいなかった。滝を見ていると、「よくこんなにも大量の水が勢いよく出ているのに、水がなくならないなぁ~」などと、意味不明なことを考えていた。ホント来てよかった。癒されました。
帰りは来る時に通るはずだった道を通って帰った。追い風で楽々な帰宅。

 今日はなぜ大学が無いかというと、今日は大学祭だから。夜にキャンパスに行ったけど、人がいっぱい。みんな青春してました。自分は、中国人がやっているところで餃子と小龍包を買い、ゼミ室で食べ、少しお酒を飲み、人生ゲームをやって帰宅しました。

 今日は疲れた。明日も何も無いのでゆっくりしたいと思います。

おまけ。

獣医学部の動物たち。
 
 

 
 ↑大学祭。楡稜(ゆりょう)祭って言う。あまりに北大生がバカなので酒類販売禁止の大学祭です。1秒間シャッター開いてたので、人がぼんやりしてます。
[PR]
by iigaiya | 2006-06-02 01:40 | 旅っていいんやよね~


<< HELP! 中国語の授業のために、「火垂る... >>