心から笑ってない。

 バイトは接客業だからお客さんの前では笑顔で接しなければならない。最初は緊張してたしうまく笑顔が作れなかった。けれども今ではどんなけ凹んでても笑顔で入れる自信がる。顔の筋肉で、どうすれば笑顔になるのかが分かってきた。こうすれば、気持ちとは裏腹に笑顔に見えるなってのを体得した。だから、バイト中はいつもその笑顔。本当の笑顔ではない偽の笑顔を作ってる。以前は本当に笑っている顔と、偽の笑顔は違うってのが完全に違うってのが意識できた。実際、どこがどう違うって聞かれると困る。自分の笑顔を確認したわけじゃなっけどおそらく、本当の笑顔の方が笑ってなくて偽の笑顔は過剰な笑顔だと思う。わざと笑顔にしてるってのが分かる笑顔。
 すごい分かりづらい区別だけど、間違いなくこの区別はあった。でも、いつ頃からだろうか、本当の笑顔が偽の笑顔に淘汰されてきている。心の底から笑っているつもりなのに、顔は偽の笑顔になってしまっている。よく笑おうってのを意識してしまうからなのかもしれない。気付いたら営業スマイルになっている。気持ち悪いよな。仲間内の話で営業スマイルされたら。こうゆうエセ笑顔していると「そんな無理に笑わなくても」とか「また、営業スマイルして~」って言われる。指摘する人がおるってことは、やっぱり本当に笑ってないように見えるのだろう。でも、最近、本当の笑顔が作れない。どうゆうふうに笑っていたのかが分からない。どうやって普通に笑ってたっけ。
 職業病みたいなものって言われればそうなのかもしれない。でも本当に笑っているのにニセ笑顔されると相手に不快な感じを与えるだけじゃなくて、自分でも、「本当に俺は今、真に笑っているのか」って自問してしまう。変な話だ。笑っている自分に本当に笑ってるのかって考えてしまうなんて・・・・。
 これからはどうにかして本当に笑える顔を取り戻したいと思う。

 昨日に引き続き、また自分の脳内でグルグルと宇宙遊泳してる話を書いてしまった。最近は画像アップすることも少なくなってきたし、面白い話もないし。なんかないかな~非日常的で面白いこと。
 
[PR]
by iigaiya | 2006-03-10 00:04 | 脳内宇宙遊泳


<< 今日は(も) 道産子が北海道から出たくなくな... >>