春の足音。

 最近は日に日に春の足音が聞こえてくるぐらい町の様子が変わってきた。気温も連日プラスになってきているし、雪ではなく雨が降る日が多くなってきた。今まで部屋から外に出る時に感じていたあの劈くような寒さも緩んできて、町の匂いも冬っぽくなくなってきた。
 一番変わったなって思うのは道路の道幅か広くなったこと。雪のせいでいつもなら2車線の道路がかろうじて1車線あるかないかって道路がだんだんもとの2車線に戻りつつある。脇に寄せられた雪も確実に低く小さくなってきてる。札幌は冬の季節は大変だけれども、これからは梅雨もなくて過ごしやすい日々が訪れる。春はもうすぐそこまで来ているのかな。
 今日はかなり久しぶりに自転車に乗って出かけた。少し遠くのゲオまで。3月に入ってから地下鉄の定期が切れてしまい昨日まではどこ行くにして徒歩だったけど、今日は頑張ってみた。いくら雪解けが進んでいるとはいえ、歩道にはまだまだ雪が残っているところが多々ある。あまり滑らないだろうと思っていたが、予想とは裏腹に滑って滑って、ハンドルも取られまくって大変だった。
 今までの徒歩で移動していた時、自転車に乗っている人を見ると「こんな日に自転車乗りやがって、あきらめてあるけYO!」って嗤い飛ばしていた。雪の日に自転車は無謀だ。でも、今日は自分がチャリ。同じチャリダーを見るといつもと違う感じにとらわれた。すれ違う時に相手と一瞬目が合っただけで、「ここから先も雪道で大変だから気をつけろよ」って目で自分に伝えているように感じた(←間違えなく妄想)。だから、自分も相手に「俺が来た道も平坦じゃなかったから、そっちも注意しろよ」って目で合図しといた(←完全にいかれてます)
 こうゆう要らないことを考えながら無事にゲオに着き、無事に帰ってきました。借りようと思っていた流星花園の続きは誰かに借りられていました。

 雪が完全に溶けて自転車で楽々移動できるようになったらまた続きを借りてきて見たいと思います。
[PR]
by iigaiya | 2006-03-05 21:32 | きまっし北海道


<< 我自己介绍一下。 ブログに書くこと。 >>